知っておきたい年会費無料の法人カード

8月 16, 2014 by
Filed under: 法人カード 

初年度年会費無料の法人カードを徹底的に調べてみた




syakai.png

法人カードを初めて使用する、という立場の経営者からすれば、
「できれば、初年度年会費無料になるカードを狙いたい」
というのは当然の感情です。

初年度が無料で使えるのであれば、
「1年間、そのカードをお試し感覚で使う」
ということができますからね。

数ある法人カードの中で、初年度年会費無料となっているのは、
以下のようなカードが挙げられます。

〇JCBゴールド法人カード
〇JCB一般法人カード
〇オリコ エグゼクティブゴールド フォービズ
〇ANA JCB法人カード(一般)
〇シェルビジネスゴールドカード
〇シェルビジネス一般カード
〇シナジーJCB一般法人カード
〇三井住友ビジネスカード

さて、こうして初年度年会費無料の法人カード一覧を見ると

「ゴールドカードにも、初年度年会費無料になっているものがある」

というのが分かりますね。 この点だけを見れば

「一般もゴールドもどちらも無料なら、サービス充実のゴールドのほうが良さそう」

と思われるかもしれませんが、一般カードとゴールドカードでは2年目以降の年会費に大きな差が出てくる、
ということを忘れてはいけません。

たとえば、上記の一覧にあるJCBやシェルビジネスの2年目以降の年会費を比較した場合、
一般カードは税別1,250円であるのに対して、ゴールドカードは税別10,000円かかります。
また、追加カードの金額にも差がありますよ。


年会費無料じゃなくてもメリットがある法人カード



法人カードは、初年度だけは年会費無料になるものがいくつかありますが、
残念ながら「2年目以降もずっと年会費無料」というものは、まずほとんど見つかりません。

ですが、法人カードは「会社の経費等をカード払いできる」ということでポイントが貯まりやすく、
さらに追加カードの依頼も容易、という大きなメリットがあります。
そのため、「少々の年会費を支払っても、その年会費をはるかに超えるメリットが得られる」
という可能性は、かなり高いと言えるでしょう。

さて、ここで注意したいのは「追加カードの数」です。
法人カードを申し込む際には、追加カードがどのくらい必要になりそうか、
という点を事前に見きわめておく必要があります。

なぜなら、中には、追加カードの枚数制限が設定されているものもあるからです。
また、追加カードにかかる年会費もチェックしておきましょう。

「会員カードと追加カード、すべて含めたトータルの年会費で比較する」
ということが、コスト削減に重要なポイントとなってきますよ。